各種証明・情報・資料提供

貿易関係証明

岐阜商工会議所で発給可能な貿易関係証明は以下に記載の通りです。
 ■当所で発給できる各種証明
原産地証明 原産地とは貿易取引される商品の国籍のことです。すなわち、原産地証明とは「貿易取引される商品の国籍を証明する書類」のことです。
サイン証明 申請者が書類上に肉筆で自署したサインが商工会議所に登録されているものと同一であることを証明することにより、その書類が正規に作成されたものであることを間接的に証明します。
インボイス証明 商業インボイスをはじめとする各種インボイスや船積関連書類などが、その発行者により正規に作成され、商工会議所に提示されたという事実を証明します。
会員証明 「商工会議所の会員である」ことを証明します。
営業証明 営業開始年月日、および、現在の営業種目を証明します。
日本法人証明 「日本に登記された法人である」ことを証明します。
※申請方法等の詳細は各種証明のリンク先にてご確認ください。
※申請にあたっては、すべての事業所について貿易登録が必要です。

≪証明発給までの流れ≫

@貿易登録をする

 貿易関係証明を取得するためには、事前に岐阜商工会議所で「貿易関係証明申請者登録(貿易登録)」の手続
をお取りいただくことになります。(会員・非会員を問わず、すべての申請者に必要です)
 担当部署の振興課より必要書類のお受渡し・申請方法のご説明をいたしますので、岐阜商工会議所2階事
務局の窓口までお越しください。

【必要書類】
1.誓約書、貿易関係証明申請者登録台帳(用紙は、窓口にてお渡ししております)
2.典拠書類
  <法人の場合>
   ・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)
   ・印鑑証明書
  <個人の場合>
   ・住民票
   ・印鑑証明書
   ※上記に併せて、他の典拠書類をご提出していただく場合がございます。

【貿易登録料金】                             平成27年9月1日 改定
会員料金
一般料金
新 規
1,000円(税込)
2,000円(税込)
更 新
無 料
無 料
・登録は2年毎に更新が必要です。有効期間内に更新の手続きをいただけなかった場 合は登録が抹消され、新
 規登録が必要となります。
・新規登録の際に、無料で「申請事務マニュアル」を1冊お渡しいたします。

A証明の作成・発給申請をする

 証明の作成・申請方法等は各種証明のリンク先にてご確認ください。
1.原産地証明
2.サイン証明
3.インボイス証明
4.その他証明(会員証明、営業証明、日本法人証明)

 上記1〜3の証明については、作成した証明書類を窓口にお持ちいただく前に、一度振興課宛てにFAXで
ご送信ください。
(FAX:058-265-6001)
 内容を確認し、修正箇所の有無をお電話にてご連絡いたします。
 ※原産地証明書は、典拠書類の商業インボイスとともにFAXしてください


【証明発給料金】                             平成27年9月1日 現在
会員料金
一般料金
1件につき
1,000円(税込)
2,000円(税込)

【受付時間】
  平日 9:00〜16:00

 

1 原産地証明
■原産地証明の種類
特定原産地証明 経済連携協定(EPA)を締結した相手国での関税の減免措置を受けるための証明です。
岐阜商工会議所で発給は行っておりません。
詳細は下記の日本商工会議所ホームページにてご確認ください。
http://www.jcci.or.jp/international/certificates-of-origin/
一般原産地証明 貿易取引される商品の国籍を証明する書類です。
岐阜商工会議所で発給を行っております。
作成・申請方法は以下の記載をご確認ください。
※外国産商品の原産地証明については、貿易形態により申請方法が異なりますので業務支援課までお問い合わせください。

○原産地証明書のフォームに記載事項を入力し、所定の用紙に印刷してください。
     
     原産地証明書のフォーム                  記入例
                            ※こちらを参考に記載してください

【原産地証明の申請に必要な書類】
  @ 証明依頼書
  A 原産地証明書・・・必要部数 + 商工会議所控え1部(フォトコピー不可)
  B インボイス・・・1部

●岐阜商工会議所所定の用紙を使用してください。
●発給部数は、原則1件につき、5部以内です(商工会議所の控えを除く)。
●原産地証明書およびインボイスのサインは、岐阜商工会議所に登録されているサインに限ります。

※注意
台湾における日本産食品の原産地証明の発給を行う場合には、以下の点にご留意ください。

@原産地証明書と共に、申請者作成の誓約書のご提出をお願いします。
→→→誓約書レイアウトのダウンロードはこちらから

A「産地」記載は6欄Remarksに表記してください。
<記載例>
Place of Production: Gifu Pref.
Place of Manufacture: Gifu Pref. (都道府県名の記載)

B「産地」記載の際には、@の誓約書に加えて、以下のような根拠資料のご提出をお願いします。
<根拠資料の例>
・食品衛生法上の営業許可証の写し(食品製造業には許可が必須)
・農協(JA)の出荷票(産地がわかるものに限る)
・各地漁協発行の出荷票(産地がわかるものに限る)
・生産証明書(生産者作成。産地がわかるものに限る)
・国内入手経路説明書(輸出者作成。産地がわかるものに限る)

 

2 サイン証明

申請者が書類上に肉筆で自署したサインが、岐阜商工会議所に登録されているものと同一であることを証明することにより、その書類が正規に作成されたものであることを間接的に証明するものです。

【対象書類】
  各種証明書、会社保証書、渡航VISA取得のための会社推薦状、各種私文書 等
   (例)・Certificate of Free Sales(自由販売証明書)
      ・Health Certificate(衛生証明書)
      ・渡航VISA取得のための会社推薦状

  ※原則、公文書は証明対象ではありません。

「Signature Verified The Gifu Chamber of Commerce and Industry」の文言を使用します。

【サイン証明の申請に必要な書類】
  @ 証明依頼書
  A 証明書類・・・必要部数 + 商工会議所控え1部(フォトコピー不可)


※次の場合、公証人役場で認証を受けることをお勧めします。
●書類内容が正確・公正である旨の証明が必要な場合(各種契約書、委任状、保証状など)
●複数ページからなる書類の全てに証明発給者の契印が必要な場合

 

3 インボイス証明

商業インボイスをはじめとする各種インボイスや船積関連書類などがその発行者により正規に作成され、岐阜商工会議所に提示されたという事実を証明するものです。ただし、内容には一切関与いたしません。

【対象書類】
  各種インボイス、船積関連書類 等

「Seen The Gifu Chamber of Commerce and Industry」の文言を使用します。

【インボイス証明の申請に必要な書類】
  @ 証明依頼書
  A 証明書類・・・必要部数 + 商工会議所控え1部(フォトコピー不可)

 

4 その他の証明(会員証明・営業証明・日本法人証明)

※会員証明・営業証明・日本法人証明が必要な場合は、事前にお電話にてお申し出ください。
岐阜商工会議所 振興課  TEL:058−264−2135
            FAX:058−265−6001


 

(1)会員証明

「岐阜商工会議所の会員である」ことを証明するものです。

【会員証明の申請に必要な書類】
  @ 証明依頼書
  A 会員証明発給申請書


 

(2)営業証明

営業開始年月、現在の営業種目などを証明するものです。

【営業証明の申請に必要な書類】
  @ 証明依頼書
  A 営業証明発給申請書
  B 登記事項証明書(3ヵ月以内に発行された原本)
  C 定款 
  D 会社案内
  E 直近の有価証券報告書または決算書
  F 証明事項を客観的に認識できる資料(インボイス、当該商品のカタログ等)
  G 許可が必要な業種はその営業許可証


 

(3)日本法人証明

「日本に登記された法人である」ことを証明するものです。

【日本法人証明の申請に必要な書類】
  @ 証明依頼書
  A 日本法人証明発給申請書
  B 登記事項証明書(3ヵ月以内に発行された原本)

お問合せ先
  • 岐阜商工会議所 振興課
  • TEL 058-264-2135
  • FAX 058-265-6001
  • E-mail shinko@gcci.or.jp